ホーム

 福祉サービス第三者機関とは

 「福祉サービスの質」を事業者・利用者以外の公正・中立な第三者が専門的かつ客観的な立場で評価し、福祉サービスを提供している事業所のサービスの質向上のため受けます。また、その結果が公表されることで、利用者はサービスを選ぶ際の選択基準とすることができます。

 社会福祉法78条を受けて、事業所はサービス種により第三者評価の受審が義務付けられています。評価を行うことができるのは、厚労省指定及び全国社会福祉協議会と北海道福祉サービス第三者評価事業推進機構の認証を受けた評価機関です。

第三者評価の流れ

 これがサード・アイの特色!

1. 利用者本位の評価

利用者へのサービスが低下することのないように、スケジュールを調整します。利用者不在の評価とならないよう、評価者の顔写真付きのお便りを出します。

2. サービス向上に結び付く評価

サービス向上の要となるガイドラインの解説をします。ご要望に応じて、評価後のアウターフォロー訪問を実施しております。(スーパーバイザーに、北海道福祉サービス第三者評価事業推進機構の基準等委員を招いています。)

3. 評価の質を担保

評価事業普及推進会議に道内評価機関を代表して出席、全国の情報を把握しています。訪問調査の前後に評価協議委員会を設け、より公正・中立な過程を踏んでいます。

4. 評価調査員のレベルアップ

全国評価調査者指導認定者によるOJTを中心にした実務指導体制をとっています。全国評価調査者指導者研修に、弊社評価調査者を毎年度派遣しています。(全国福祉サービス第三者評価調査者連絡会に講師登録。)

 職員自己評価

 会社概要

サード・アイ 合同会社
代表者: 鈴木 正子

所在地(本社)
〒063-0825
北海道札幌市西区発寒5条2丁目3-8-201号
電 話:011-299-2931/FAX:011-590-0020
e-mail:21sw@a.email.ne.jp

所在地(支社)
〒006-0022
札幌市手稲区手稲本町2条1丁目4-5 フェーデ手稲